新型コロナウイルスに感染防止に伴う、診療の制限について

新型コロナウイルスの感染拡大で滋賀県においても緊急事態宣言が発令され、また、厚生労働省・日本歯科医師会・日本口腔外科学会からも「歯科医師の判断により、治療は応急処置にとどめることや、緊急性がないと考えられる治療については延期を考慮する事」と通達がありました。

ただ、その具体的な対応については、個々の歯科医院にゆだねられているというのが現状です。

江田歯科医院では、通院していただいている患者様にお困りの事がないよう、治療の継続をしたい思いではありますが、治療内容によっては非常に感染リスクが高いものとなることを踏まえ、不顕性感染(感染はしているものの無症状の方)により歯科医療従事者への感染、さらには、歯科医療従事者が不顕性感染の状態で患者様へ感染を拡大させてしまう事が一番あってはならないことだという結論に至り、当面の間、下記の通り診療内容を変更させて頂く事となりましたので、ご協力・ご理解のほど、宜しくお願い致します。

4月・5月の新規の患者様の受け入れは中止させて頂きますが、江田歯科医院に受診歴のある方は治療の内容の制限は致しますが、対応させて頂きます。

江田歯科医院の診療日・時間の変更もありません。

 

控えさせていただく処置

・歯を削る、歯のクリーニングなど、ウイルスを含んだ唾液や切削片が飛散する処置

対応させて頂く処置

・すでに義歯や被せ物などの型取りをしている方

・痛みや腫れなどで、日常生活に支障がある方(投薬など応急処置のみ)

※上記の場合であっても、下記項目に1つでも該当する場合は、予約日を変更させて頂きますので、必ず、ご連絡ください。

37.5℃以上の発熱や咳がある
・現在、同居する人に発熱・咳などの症状がある
・現在、同居する人が自宅隔離を要請されている
・過去
14日以内に、海外渡航の履歴がある
・過去
14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触歴がある
・過去
14日以内に、感染者数が急増している都道府県に出かけたことがある
・過去
14日以内に、屋内で50人以上が集まる集会・イベントに参加したことがある
・味覚異常や嗅覚異常が
ある

令和2年4月18日 江田歯科医院 院長 江田慶太郎